弁護士の仕事

もしも交通事故の被害に遭ってしまった場合、その多くは加害者側の加入する保険会社の担当者との間で示談交渉がなされます。被害者が加害者側に法律上請求できる可能性のある損害としては、治療費をはじめ、付き添い看護費、通院交通費、休業損害、慰謝料など多くの種類があり、それぞれについて法律上の論点が存在します。場合によっては加害者の過失が主張されることもあり、最適な過失割合の判断には高度な法律知識が必要となってきます。困難な交渉を経て、加害者側保険会社が提示する示談金額は、裁判所が正当と認める損害賠償金額よりも低額であることが多く、一度示談してしまうと示談金額が裁判基準、弁護士基準よりも大幅に低い金額であったとしても示談の内容を覆すことは難しいです。これは事故に起因した新たな痛み、障害が生じた場合でも同じです。

交通事故の慰謝料は、交渉の仕方や、法律知識の有無によって獲得できる金額に大きな差が出てしまいます。そのため、弁護士は被害者側の目線に立って、法律知識の乏しい被害者であったとしてもできるだけ多くの、本来支払われるべき妥当な金額を加害者に請求できるようにさまざまな角度から交通事故を検証し、被害者に正当な慰謝料が支払われるべく働きかけます。

慰謝料を増額させる為にも、交通事故の被害者になってしまった場合は示談交渉に入る前に一度弁護士に相談するようにしましょう。また、法律事務所によっては交通事故に関する相談料等の初期費用が発生しない場合もあります。(参考:交通事故の無料相談-弁護士法人アディーレ法律事務所

最近ではインターネット等で法律事務所のホームページを見れば簡単に確認出来ますが、不安であれば電話で質問してから尋ねるようにしましょう。